トップページ > デメリット > VIOライン脱毛のデメリット

VIOライン脱毛のデメリット

VIOライン脱毛のデメリットは、ツルツルにしたら毛が生えてこないこと。何を当たり前のことを言ってるんだと思もわれたかもしれませんね。
例えば、パートナーが変わったときに、困ることがあります。前の彼はツルツルが好きだったけど、新しい彼はツルツルが好きではないとか。
アンダーが剛毛だと引かれることが多いですが、ツルツルならそれほど引かれることもないですけどね。コレばかりは相手の好みなので、心配な方は全部脱毛するのではなく、周りをキレイに整えVの中心を残すとか、薄くなってきたらツルツルになる前にやめるのも良いでしょう。または、VIO脱毛のプランが3~4回のサロンで脱毛するのも良いですね。3~4回の脱毛では毛の量が減って薄くなり処理回数が減る程度で、完全ツルツルになりません。脱毛をはじめる前に、スタッフに相談して良いように調整してもらいましょう。


もしくは、ワックスなどで脱毛するものおすすめです。ワックスなら脱毛しても、少し時間がたてば生えてきます。
ビキニラインの脱毛にはブラジリアンワックスですね。ブラジリアンワックス専門のサロンもありますが、自分で簡単に出来ます。自分でやるなら、こちらのワックスがおすすめです。無添加で安全性も高いので敏感な部分にもOKです。